読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

POPPIN' LIFE

YOGA•DANCEを愛する のんびり気ままな旅人

とある有名ブロガーさんとおはなし出来たぁ!詳細内容はShhh...留学を控えたイマのキモチ(*'ω'*)

POP LIFE GOD BRESS U CROSS UR FINGERS 4 ME NOW!!

イスラエル人からナンパされる

おおととしの秋ごろ、初めて行ったタイでイスラエル人にナンパされた。その彼が、こぶし効かせて聖書を読む姿がAmazingすぎた。

帰国後も好奇心と探求心の熱が冷めずにいた。なぜイスラエル人だったのか今となっては本当に不思議だよ?

 

そして、心の中に引っかかった謎を追及するためいろんな資料をあさったり、ちえみそヒッピーネットワークwwでその手の話に詳しい知人に話を聞いてもらったり。

 

無我夢中で調べていたら、とあるブログにたどり着いた。今となってはすごく読者数が増えているんだけど、自分は今までなんて狭い世界で息をしていたんだろうという衝撃とともに読めば読むほど頭がスッキリしていく。ありとあらゆる分野で謎が解明されていく。

 

対してヨーガスートラの哲学は読めば読むほどあり得ないでしょ!っていうツッコミを入れたくなる謎が多い。ヨーガスートラは4部構成だけど、とくに4章目を理解できない。そうやって奇跡や超自然でまやかしていくんだと冷静に考えられるようになった。周りもヨガどっぷりな人しかいないので反対意見を聞くことはまず無い。だからそれが当たり前だと思い込む。どんどん不思議ワールドからぬけだせない。でも待って。

 

そこに真の幸せがあるんだろうか?

 

信じる対象を間違えたら地獄へとミスリードされる。今となっては気づけたことが幸い。真面目な人にかっぎって抜け出せない気もする。その点では人間の心理を巧みに操り、かなり心得ている。

 

大好きなブロガーさんとの対談。

今回の対談、冒頭から『ヨガの良さがが分からない、何がそんなにいいの?』って意見をストレートに言われて、うまく説明できなかった。ヨガにハマったきっかけが、思想や哲学だった。今はそこに疑問を抱いているんだから当然魅力なんか語れない。自分の感じた魅力をみんなに伝える仕事。それとは裏腹に自分のリードする言葉に自分で違和感を持つ。こんな気持ちでこの先ずっと続けられない。

 

『だけどヨガは好きだから。自分のプラクティスはせめて続けたい。』

矛盾があるね。(笑)

 

というのも、はじめはアサナが出来るようになったり、静かに呼吸の音を聞いているときは心地よいと思った。だけど、先生としてクラスを担当するようになってから、他の先生のクラスを受けてもどうやってティーチングするのかに意識が向いて、練習に集中できなかった。肩書ってほんと邪魔だなっ。同時に本来の良さを忘れてしまうほど様々なストレスがあった。

 

 

回顧録

日本の窮屈さから離れ、海外に目を向けるきっかけになったのはインドだった。もちろんヨガをしていなければインドに行くことはなかった。自分の可能性を広げてくれて、いろんな景色を見せてくれた。たくさんの出会いがあった。それがあるから今がある。ヨガをきっぱりと切ることはこれからも出来ないと思う。

 

インドで仲間や先生の温かさに触れたこと、英語で値段交渉したり、自分より若くてたくましいバックパッカー、すごく響く文章を書くコミュ障の作家、上半身しかなくて五体不満足お腹で歩いてる笑顔のインド人、お香臭くて愛想のない布屋。

失恋してから絶望してすっかり自信喪失していたけど、喜怒哀楽を素直に表現して、自由に人間らしくいることの楽しさを味わせてくれた。地球には面白い人間がたくさんいることに気づけたし、自分の可能性を応援してくれる環境に泣きながら感謝した。生きる価値なんて無いと、ダメ人間のレッテルを自ら貼っていたけど、まだまだ正常な部類の人間かもって(笑)。こんだけいろんな選択肢や生き方があるんだから大丈夫と、逆に変な自信がついた(笑)。

 

哲学の授業でキャンドルを灯しながら、死んだらどこにいくのかって語り合った。死をテーマにしていたハズなのに、生きることの尊さに気づいた。

朝5時の新鮮な空気、霧がかかった薄暗い夜明け。1日がはじまる神秘。

『人生ってあなたが思っているより美しいんだよ。』その時は、なにもかも絶望していたけど、それこそがこの旅の答えだと悟った。なんだか青春って言葉がぴったりだったね。

 

帰国して日本でオーディション受けまくって、受かったけど交通費でなくて遠すぎたり、スケジュール調整できなかったり、お局様にあからさまにいじめられたり、トレーニング費用ぼったくりだろって、ヨガの流派作りすぎだし、もう待遇が悪すぎて不安になった。OLのが土日休みでボーナスもらえて全然楽じゃんって思った。全然思っていたようにいかなかった。でも、それでもあきらめなかった自分に出会えたし、自分を選んでくれる生徒さんに出会えた。

 

都内のスタジオを辞めたときは、不完全燃焼で逃げた。実力のなさに悔しさが残ったし未練があった。だけど今回は、もうこんなに注いできてやり切ったという想い。いろんなお仕事のお誘いももらったけど、さすがにもう騙されないよ?人間不信です(笑)

 

 

今までと違う分野に飛び込もうとしているので、けっこう決断するまでに勇気も必要だった。だけど1年前も同じこと考えていた。停滞しているなと。ずっと人を癒す仕事をしてきたわだけど、1番を選ぶのと引き換えにやりたくない仕事をする辛さ。休みがなかったために自分の好きなダンスや音楽が遠のいていた。そして4月、プリンスが居なくなってから終わりを意識した。今死んだら後悔する。LastDecember

 

これでいいのかなって葛藤したけど、予定より早くやりたかったことが実現できるように神様が時をプレゼントしてくれたんだなって私は受け取ったわけ。去年の今頃、カナダのダンスイベント行きたいな、でもどうせ仕事だろうなってあきらめてた。だけど急に解放されて行ける奇跡。

 

『留学だって、誰でも行けるわけじゃないんでしょ?』

古いものを断ち切って、1度頭をまっさらにしてリッセトしたらいい。そう言ってくれてホッとした。みんなに引き留められたのを、私は悪魔の誘惑にしか思えなかった。だけど引き留められたんだったら、留学は御心じゃないのでは?って、怒られるかと緊張してたけど(笑)。

 

この世の闇

誰かの安全を真剣に祈ること、自分には一体何ができるんだろうって悟り、世界の平安を祈り、正しくないことを正しいと教育する闇に目覚めて打ち勝ち、真の正しさや善行を求め、不正と悪を見破る知恵を。若いうちに挑戦しときましょ。

 

All that glitters ain't gold :)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【追悼】Princeを聴きふける夜に

JAPAN POP LIFE BOOK/MUSIC/MOVIE GOD BRESS U

f:id:ishikawachiemi0225:20160513131321j:plain

 

なんか、偶然とは思えない素朴な疑問

自身が手掛けた映画の中で、主人公トレイシー(プリンス)の死について歌っている『something it snow in april』という曲。このシナリオなんだか出来すぎじゃないの?って思う。本当に4月に雪が降ってしまったこの喪失感。
個人的にモッリッシーが語っていたエリザベス女王のお誕生日と同じ日に天国へ逝ってしまったっていうのが引っかかるんだよね。
あと、マイケルの時もそうで、薬の過剰摂取っていう報道も目立つ。ビーガンだったら薬の摂取も含めて自己管理きちんとしてそうだけど。発見された場所が自宅だったというのも同じだし。最終的にマイケルはThis is itであちら側の存在を暴露しようとしたらしいけど、プリンスも2017年秋に自身の回顧録を出版しようとしてたみたいだから。まだ死因は発表されてないし、勝手な憶測なんだけどね。ただ、ここ2週間くらいずっと曲聞いてて涙と鼻水が止まらないんだよ。

Lotusflow3r

高校生からPoppinというジャンルのダンスをやっていて、SoulやFunkをよく聴く機会があった。『Kiss』『Sexy dancer』でもよく踊ってたな。Soul barのフロアでPoppin踊ってるとDJさんがよく流してくれるんだよね。君はセクシーなダンサーだよ♡っていうDJさんからのレスポンス?(笑)
それで、初めてちゃんとCD聴いたのは『Lotusflow3r』
レンタルショップの5枚セットでお得に借りられるプランがあって、最後の1枚何にしようかと思っていたところ『蓮の花』に条件反射した。単純にYogaやっているからっていうのもあったけど、気になるアーティストだったから。(レンタルかよっていうww)
どうやら女性アーティストのコラボはあんまり評判がよくないみたいだけど、女性ボーカルもクールだし、全体的にメロディー綺麗で聴きやすい。
『The rainbow children』も賛否両論らしいけどゴスペル調で聖書の内容あって分かりやすいし聴きごたえがあるからお気に入り。たぶんコアなファンじゃないから前作と比べたりしないし、マイケルの曲でもゴスペル調の曲ばっかり聞いてるから、ただそういうのが好みなんだよね。過激なパフォーマンスは少なからず売れるためにあちら側の志向に合わせていた部分もあったと思う。エホバの証人もあちら側だけど、誠実な心を持っていないとこんなアルバム作れないよ。
彼を見てて気持ち悪くて失笑するニヤニヤもあれば、『nothing compares 2 U』『The most beautiful girl in the world』のように、あ!プリンスってこういう感性もあるんだっていうギャップにニヤニヤ。基本的にプリンス聴いてるときはニヤニヤしてる(笑)。

purple rain

足利のフラワーパークに行ったら、季節的にちょうど紫色の藤が咲いていて幻想的だったよ。
著名人はもちろん世界中のファンの方達が、文章やイラスト、ダンスや合唱したりと個々ができるそれぞれの表現でプリンスに想いを寄せていて本当に胸が熱くなる。とくにトークボックスという楽器を使った『Prince Tribute from Mr. Talkbox』、声を重ねてアカペラを披露している『L. Young pays tribute to Prince』。
彼らの動画を観たときに感動して言葉を失った。音楽の可能性に感動したというか。感情を音楽によって共有できる楽しみや世界を広げてくれたことはプリンスが残してくれたギフトだと思う。これをきっかけに私も音楽やダンスにもっと挑戦してみたいな。
そう、人生はPOPに生きなきゃね!
 

 

プリンスと世界中のファンの皆さんに、神様の祝福がありますように。
RIP Prince...

5月タウンジャーナル掲載中!佐野でタイ古式マッサージ

HEALTH

 

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」

 

世間はGWだね~
もう5月に突入したのか(^_^)!
栃木佐野市や太田足利市あたりで無料配布されているお得なクーポン雑誌『タウンジャーナル』に佐野ほぐし処なごみ庵が掲載されましたよ(^^)/
本場タイ仕込みの本格タイ古式マッサージ90分¥5000(税込)にてご提供中♡
 
日本人なのでちゃんと日本語で意思疎通できます(^^)/
ストレッチが怖い、タイマッサージって痛いの?てご質問をよく受けますが、テレビに出てるリアクション芸人に洗脳されすぎですよ(´・ω・`)?
 
きちんとカウンセリングでお身体の状態を確認してから行いますし、力加減もやりながら調整できます。 力づくでムリな態勢をとらせることはまずありません。
ただ、残念ながら私自身も日本やタイでたくさんマッサージを受けてきましたが、日本にあるお店でもタイ人が経営してるところは力でぐいぐいやられるお店が多いです(´・ω・`)
とくに、初めてマッサージを受ける人は「痛くないと効かないんでしょ?」と勘違いして痛みを我慢してしまいます。その結果、かえって身体が痛くなってしまい、やっぱり合わなかったという感情に陥る負のスパイラルです。あああもったいない(´・ω・`)
なので格安マッサージで失敗した人、ガシガシ押されてタイマッサージにトラウマがある人も安心していらしてくださいね(/・ω・)/
 
5月病になる前に心と体に癒しを♡
ほぐし処なごみ庵-NAGOMIAN-
栃木県佐野市堀米町3500A棟
0283-21-8521
どうぞお気軽にお問合せくださいね。
 
 
 

女性セラピストあるある?!いや、あっちゃ困る!!

HEALTH

これから人を癒すセラピストになりたい方へ。マッサージあるあるを勝手に考えてみたよ。

お店で働く女性セラピストは、万が一セクハラまがいの男性客が来店された場合、きちんと会社が対応してくれるか、また日頃から安全に施術できるように会社が配慮しているか確認しよう!

ストーカー被害にあって命を落とすケースも過去にありました!番号を聞かれてごはん誘われるだけならまだカワイイ話ですが、実際に勘違いしてくるお客さんもたくさんいるのが事実。
 
田舎だから大丈夫とか、テレビの中のお話しでしょと、他人ごとと思わないで!どうか自分の尊い命を神様からのプレゼントと思って大切にしてください。
利益よりもセラピストの安全や健康を考えてくれる信頼できる会社かきちんと見分けよう!
 
勤務してた店はスタッフが全員女性のみ、しかも人件費削減で1人でお店に待機することは日常でした。かの某牛丼屋もスタッフ1人の時間帯を狙った強盗が多発して会社の管理体制が厳しく問われました。
オーナーは「変な客が来たら外に助けを求めてください」とおっしゃいましたが、力で抑えられて口を塞がれてしまったらどうするんですか?外はゲームセンターがあって叫んでも声がかき消されます。パンツの色は何色?って頭弱いイタズラ電話がかかってきます。
それでも会社は自己責任ですと言って逃れようとするんです。他の店で経験を積んでいたセラピスト仲間もあるあると言ってた。あっちゃ困りますよ!!
もちろんどこもかしこも、というわけではありません。管理が行き届いているお店もたくさんあります。ただ、これも事実です。だから信頼出来るかを確認してください。
 

~スタッフの雑談編~どうやってセクハラ客の誘いを断るかシュミレーションしてみたww

 
CASE1.
「えー超カワイイね、彼氏いるの?番号教えてよ!」
うーん。まだ早いかなっ(*'▽')笑顔で←
 
CASE2.
「えー超カワイイね、彼氏いるの?番号教えてよ!」
えへへ。あたし、そんな軽くないっすよ(*'▽')笑顔で←
 
CASE3.
「えー超カワイイね、彼氏いるの?番号教えてよ!」
でも、お店からダメって言われちゃってるんで(*'▽')笑顔で←
 
せっかく獲得した指名客を逃さず、かつ手のひらで転がすなら意外といいと思うよ(笑)
 
CASE4.
「えー超カワイイね、彼氏いるの?番号教えてよ!」
あはは~でも彼氏いるから怒られちゃいます(*'▽')笑顔で←
 
実際に彼氏いないとしても彼氏いるって嘘をつくのが1番手っ取り早いんです。が、非リアはそれを発言した後の自分の惨めさに押しつぶされるので、4番は自己責任でお願いします(笑)
 
以上、かわいくお断りフレーズでした!
誰かの参考になれば嬉しいです( `ー´)ノ
 
 
 

【英語のお勉強息抜き編】カナダに行くなら絶対読むべきマンガ

ENGLISH BOOK/MUSIC/MOVIE JAPAN
この英単語、前にも出てきたハズなのに思い出せない!
ってことがありまくる。所詮その程度だよ。どうも、ちえみそだよ(´・ω・`)はふー

Lazy Lady ちえみそ推薦!英語学習で疲れたときに読む息抜き本

『バンクーバー発4コマ漫画で体感するから話せる英語フレーズ』
著者Q.
音声ダウンロードして、漫画を読みながら英語のセリフを聞いているんだけど、後半から感情移入してデイビッドのプロポーズシーンで毎回ウルウルしている(笑)
オススメポイントは著書が解説している英語習得ルールがとても説得力あって共感できること。等身大になって読者に寄り添ってくれているのが文章から伝わってくる。
4コマ漫画ではちらちらF-wordも出てくる。そんなリアルなやり取りがまた楽しい。絵のタッチも可愛らしくて、全体を通して著者のお人柄の温かさを感じられる。
ちょいと疲れた時に読むと励まされて、やる気を取り戻せるから気づくと読んじゃう。(息抜きしすぎww)
 
じつは、かなーーーり前にカナダワーホリ経験者のびたさんの記事内で著者のマンガが紹介されてるのを見たのがきっかけでファンになった。
今回なぜ本を購入したのかというと、つい最近DMM英会話でこの本が教材になっているのを知ったから。実際に教材を使ってフィリピンの先生とスカイプしたんだけど、いざ口に出すと棒読みになって撃沈(´;ω;`)。ちゃんと文脈や意味を理解したくなったし、音声ダウンロードにはキャラになりきってセリフを練習できるありがたい工夫があるから。私はもっぱらShinoになりきる(笑)
 

渡航のベストタイミングについて考察

息抜き兼情報収集としてワーキングホリデーで人気の渡航先、とくにカナダをリサーチしているときがすごい楽しい。カナダは、老舗ヨガブランド「ルル・レモン」が誕生した場所。
この間タイ旅行で使うデジカメを電気屋に買いに行った時、たまたま店員さんがカナダワーホリ経験者だった。とにかくヨガは一般庶民もみんなやってると言っていた。ちなみにその店員さんは電気屋でお金貯まったらオーストラリアに行くって言ってたよ。楽しみやね(^_^)!
 
実際カナダではヨガウェアを私服代わりに着て街をウロウロしている人が多いらしい。私もルル・レモンのヨガウェアをいくつか持ってるけど、たしかに機能性だけでなくてファッション性も高い。あ、お値段も(笑)
ルル・レモンを着てカフェに入って、コーヒー飲みながら読書する。そんな日もそう遠くはないでしょう。(どんな目標だww)
最近は経済情勢がどこの国もよろしくないようで、オーストラリアもタックスリターンの制度が改正されてしまう予感。それにより出稼ぎ目的で行く人が減るかもしれない。さらにカナダのワーホリビザも抽選式になった。それだけ日本人が多いってことなんだろう。
ヒューっと逆風が吹きはじめているので、タイミングを自分でちゃんと決めておかないと前に進みにくい状況になってきている。
 

BANKSY Does New York

JAPAN BOOK/MUSIC/MOVIE

映画BANKSY Does New Yorkを観てきた

イギリス出身の覆面グラフィティーアーティスト「BANKSY」
そもそもグラフィティーアートといって、壁や路上など他人の敷地に絵を描くことは「違法」である。いや~HIPHOPですな(笑)!!
社会風刺的な彼の作品は、世界中に問題提起をし注目を浴びている。
彼がNYをハックして自身の作品をSNSに投稿した1か月のドタバタ劇がドキュメンタリー映画になった。NYの本屋さんでは店先にバンクシーの写真集が普通に売られているほど知名度があるらしいが、残念ながら日本では一部の業界人からしか関心を集めていないらしく、私の住む田舎では上映してくれなかったので渋谷パルコまではるばる遊びに行ってきた。


渋谷には昼すぎに着いたので19:00過ぎの上映時間まで時間があった。
大きい書店をはしごして最終的に寄った書店では、1冊の本を買うのに約4時間ほど滞在していた。ネットで買おうか悩んでいた書籍を試し読みしたり、英語の参考書を見比べて飽きなそうなものはどちらか、解説が分かりやすく書いてあるのはどちらか、今後自分にとって本当にタメになるか、レベルに合っているのか、わざわざ渋谷で本を買うなんて荷物になるなとか躊躇していたら時間があっという間に経っていた。悩みに悩んだ本はまた後でご紹介しようかなと思う。


書店を後にして、いつも車での移動中に聞いている「スカイロケットカンパニー」というラジオ番組をスペイン坂で初めて観覧した。想像通り秘書が可愛い(笑)。
いつも声だけなので、こうやってCM入るんだとか、こうやって原稿読んでるんだとか実際に生で見ると臨場感あって新鮮だった。
スカロケのパーソナリティでお笑い芸人のマンボウやしろさんが「スクールオブロック」という10代向けのラジオ番組を、俳優のやましげさんとのコンビで前にやっていた。そのころから2人のファンになって学生時代は毎日聞いていたし、とくにBUMP先生が登校していた回はMDプレイヤーに録音して何回も聞いてた。実際にやましげさんの所属していた舞台公演も観に行ったことがあったな。やましげ校長が交代してから聞かなくなっちゃったけど。やしろさんも飾り気がなくてお話が面白いから、はじめスカロケで教頭の声が聞けたのは本当に嬉しかったのを思い出した。ちなみにスカロケは働く人を応援するラジオ番組で、いろんな業種のお仕事事情やお仕事あるあるを共感できて励みになるからオススメ。


肝心の映画は30代前後の男性が多く、席がガラガラだった(笑)。

一番後ろの席を指定してくつろぎながらの観覧。内容はバンクシー本人そのものでは無くて、それを取り巻くNY市民のインタビューや、作品が金儲けに使うために盗まれて逮捕者がでたとか。まぁまぁ興味深いけど、特別に惹き込まれる要素が映画には無かった。ただ、今はなき5pointzが象徴するように、NYという土地はグラフィティーアーティストとにとって特別な場所なんだなと感じた。

アートといえば「グーグルアート」

世界を旅しなくても無料で世界の美術館の作品が閲覧可能。スワイプすると拡大できるから実際に観に行くよりも至近距離で作品を堪能することができる。なんでもバーチャルになってきていているけど、ネットもリアルもどっちも良さがあるよね。
絵本の「はらぺこあおむし」でも知られるいわさきちひろさんの水彩画や、ロンドンのグラフィティーページがお気に入り。インスピレーションを得たいときにどうぞ。

ヨガしてる人って何で菜食が多いの?マクロビ思想とヨガの関係

HEALTH BOOK/MUSIC/MOVIE

マクロビとヨガの陰陽思想について

以前マクロビを実践している美容師さんに本を貸してもらった。

というのも、ちょうどこのころバングラデシュで起きたラナ・プラザ縫製工場倒壊事故がきっかけでファストファッションを着るのが嫌になっていた。インドで仲良くなった友達と帰国後に文通をしているのだが、彼女の兄がバングラディッシュに海外青年協力隊として赴任している。日本でうまく適応できなくて悩んでいた彼女が、バングラディッシュでカラフルな服を着て、笑いながら現地の人と写真に納まっていた姿には勇気をもらえた。その影響があってか、バングラデシュがとても近い国に感じられていた。

ラナ・プラザ縫製工場倒壊事故とは、今にも倒壊寸前のアパレル工場ビルに危険を感じた労働者が外に避難するも、オーナーが無理やりビルに押し戻し、結果的にそのビルが倒壊して多くの人が犠牲になった事件だ。しかも日常的に監督者からの暴力や女性差別、長時間労働、賃金の不払いなど労働環境が最悪で人権などまるでなかったらしい。いわゆる日本人が大スキな安くてかわいいファッションの為に多くの命が犠牲になっている現状を多くの日本人は知らないのではないか。

居ても立っても居られず、手持ちの服を大量にリサイクルに出してきた。アニマル柄の服や革製品を身に着けないビーガンについて美容師さんと話をしていた流れで食の話になった。

 

『野草の力をいただいて』
若杉友子 著

f:id:ishikawachiemi0225:20160411010152j:plain


肉を摂取しない菜食主義(ベジタリアン)を実践することで、冷え性、肩こり、便秘などの体質改善を目指す食育本。おばあちゃんの知恵みたいな内容だった。


実際に、葉っぱ丼やこんにゃくステーキなどの掲載されているレシピをつくっておいしくできた。

f:id:ishikawachiemi0225:20160411013725j:plain

f:id:ishikawachiemi0225:20160411013750j:plain

 

ベジタリアンの実践

私がはじめて実践したのは、23歳のとき滞在先のインド。

ヨガ思想のひとつに、アヒムサー(不殺生)といって生きとし生けるものを殺さないという決まりがあり、その教えに沿った生活をしていた。

滞在中はゲストハウスのアンマ(お母さん)がつくったベジ料理を食べていた。こっそり抜け出してレストランでルールを破るクラスメイトもいたけど、私は日本を離れてとことん自分を律する生活をしたかったので、すごく真面目に取り組んでいた。

アンマのメニューは香辛料が強く効いたカレー、蒸したポテト、あっさりしたサラダ、現地で栽培されるフレッシュフルーツなどだった。
日本で食べていたスーパーの野菜より鮮度がよく、歯ごたえもシャキシャキ。ポテトがお腹にたまって野菜だけでも意外とおなか一杯になるし、まったく飽きなかった。
ベジ生活3日目くらいからは、みるみる身体が軽くなって俊敏さもアップした。おかげでヨガのポーズが取りやすくなったし昼間の眠気やだるさもなくなった。あと、便の色が真っ白になった!(笑)

また、ベジタリアンにも分類がされていて、そのなかでも「ビーガン」が一番厳格だといわれている。ビーガンは食べものだけでなくて、動物実験を生産過程に含む化粧品や、革製品やファーを身に着けないなど装飾品にも配慮している。私のインド生活では「ラクトベジタリアン」といって魚と肉と卵はダメ。だけどミルクと蜂蜜は食べてOKというものだった。

レストランで野菜スープを頼むとき「私はベジタリアンです。」と言ったらスープのだしに使われていた魚介エキスを抜かれたために味が薄すぎて、まるで病院食のようだったのはカルチャーショックだったな(笑)。

 

マクロビオティック

以前、歌手のマドンナがSMAPの料理番組でマクロビ食をリクエストしてたけど、日本の流行はハリウッドセレブの影響が強いなとつくづく思う。

ナトリウムが多いのを陽性、カリウムが多いのを陰性に分類する陰陽思想。

ヨガにも、二元論的な考えがあって「心と身体」「吸と吐」「ブラフマとアートマン」など二つのものを一つに結ぶという陰陽思想が類似点としてある。

自分が住む土地で採れた旬の野菜を食べるという身土不二の教えがあり、加工する必要がない旬の野菜は身体にも負担がかかりにくいし自然体で健康的。

例えば常夏で収穫されるココナッツは身体を冷やす性質をもっていて、それを日本の冬に摂取したら当然冷え性になる。日本人には日本で採れた旬の野菜がしっくりくるのだ。

 

ハマりすぎずに、腹八分目

ただ、マクロビもいわゆる思想でしかない。陰陽思想というのは陰陽道、つまり神道にルーツがあるからだ。例えばインド人が宗教上の理由で牛を食べないのと似ている。

さらに肉や砂糖を一切取らないのは極端すぎるし、スポーツをしている人は栄養不足でイライラしたりパフォーマンスが下がる可能性だってある。畜産農家のお話を聞く機会があったが、夜中も家畜の見回りをしたり、長時間出産に立ち会ったりと、汚い肉体労働は本当に動物が好きでないと絶対に務まらない。ゆえに野菜農家と同じく、畜産農家だって愛情と責任を持って育てているわけなので、その過程を無視してすべてを悪にしてしまうのは視野が狭いように思える。植物でも動物でもいずれにせよ他の命をいただかないと生きていけないのだから、動物を殺すなんてかわいそうという思想に偏りすぎるのもどうかと思った。

さらに日本で菜食主義ですと言うと、「何で?」と毎回聞かれてめんどくさいので、シイタケあんまり好きじゃないから食べないのと同じでかんじで、あんまり肉が好きじゃないから食べないんだなってスタンスで接してもらえるとありがたいなと個人的に思ってる(笑)。