読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

POP LIFE

*Yoga•Danceを愛する のんびり気ままな 7/24 * Dig it(*'ω'*) ??

就職しました(*'▽'*)

CROSS UR FINGERS 4 ME NOW!! CALLING

ただいま戻りました

紆余曲折ありましたが、ヨガスタジオに就職しました。

 

県内ですがお引っ越しも無事に終わってひと段落。明日からいよいよレッスン担当です。構成考えながら、なんだかんだ3ヶ月フラフラしてたブランクがあるので、いつも何喋ってたんだろって思いました。これはマズイ(笑)

 

 

しかしながら、今回は変な胸のざわつきが全く無いのです。いつ辞めてやろうかって業務開始当日から思う子だったのに。もう海外移住とかの未練もないし、やっぱりこの仕事がしたいなって終着点を見つけました。だからもうブレないと思うし、ブレたくないです。

 

ヨガはオカルトだから辞めなさいって言われて何か心が傷ついたんです。何ででしょう?あんなにヨガの仕事なんか辞めてやるって思っていたのに。やっぱり捨てきれない自分が居ました。3ヶ月の間に、おかげさまで気付かせていただきました。

 

ごめんなさい、私はやっぱりヨガが好きみたいです。

 

ヨガは害だという価値観持った人達と密に話していく中で、逆に明確に分かりました。やったことないのに、机上の理論だけで知ったかぶってけなされて、すごくイラついた自分を発見しました。あなた達に何が分かるんだと。そうゆう意味では作戦失敗ですよ。もう1度書くけど、机上の理論だけです。きっとどの分野においても、こうやって反論する人が沢山いたのでしょうね。別に言ってることが間違ってるって言いたいわけじゃないし、私は敵を作りたいわけじゃありません。ああ言えばこう言うので強いて言わせてもらえば、感情も人間に与えられた恵みです。

 

なにひとつ変わらないことがあるとすれば、人の思考は変わるということです。

 

だからお互い様なんです。私だって、すごく傷ついたんですから。住む場所や職業や結婚相手は強要されるものじゃないです。誘導尋問に反した答えは許されなかったし、私のことをかばってくれた人に攻撃していたのはショックでした。同情したら私自身が疑われるので何も言えなかったです。

 

やっぱりアイツは仲間に入れなくて良かったと納得する為に、あれやこれやダメ出しされて失敗例として扱われていくのだと思いますし、それが使命だと思ってるでしょう。そのやり口こそ、失恋した後みたいっすねw

 

 

急遽、モデル撮影があるので近くの美容院行ったらかなり良い感じな仕上がりでした。個人プレーは、誰も指摘してくれる人がいないこと、他の意見を聞き入れなくてもいい環境だということ。人はそれをこだわりと呼ぶ。

 

いつも同じ美容院行ってたから考えさせられた。

 

 

 

 

 

Calling〜天から与えられた使命〜

GOD BRESS U CROSS UR FINGERS 4 ME NOW!! CALLING

最近のあれこれ


いや~ここ数カ月でいろんなことがありまくりで意味分からんです。(笑)
カナダのバンクーバーで日本人女性が殺害されましたからね。他人事じゃないよ。ほわわw
 
カナダの保育園でボランティアして教育現場をのぞきましたが、先生はただ見てるだけだし、こんなんで教育と言えるのかっていう有り様(ノД`)・゜・。
高いお金払って保育園に預けるんじゃなくて、自分の家で出来る仕事身につけて自宅で保育したらいいよね。自分の子やし(笑)
カナダでお知り合いになったベビーシッター兼ヨガの先生から有益な情報を得たので、おもしろいアプローチでキッズプログラムを提供できそうです。
 
 
預言者現る?


人生おもしろすぎてヤバイ。特に今年はヤバイ。(笑)
今年始め、足式マッサージという新しい技を習得したと思いきや、6月にお店が潰れることになって、いろんなところから仕事のオファーもらいましたね。正社員だし向こうの条件よりウチのがいいでしょうってな具合にね。そんな甘い誘いを全部断ってカナダに行くでしょ。(笑)
 
帰国後、大好きなブロガーさんにお誘いもらって四国遊びにいくでしょ。一緒に事業をやりましょうってなってたんだけどね、最初は光栄だなって、本気で四国行こうと思っていたんだけどね。


なんか物事のとらえ方が偏りすぎてついて行けなくなった。

「神様から啓示受けたから私に従ってれば成功するんだ。」(´・ω・`)チーン
 
私の意向は全く無視だもん。挙句の果てに、向こうからコンタクト取ってきたのに、私がスパイ活動するために引っ掛けたみたいな言い方して疑い始めるし。意味不(笑)
自分のこと信用してくれない人と、この先一緒にお仕事出来る訳ないじゃん。承認欲求を捨てろって言ってきたよね。意味不(笑)
 
なんか、頭良すぎるって大変なんだなって思った。
 
そこに仕える頭の良い取り巻きエリート達、合理的に考えられるからこそ、きっと世の中の俗的なしがらみが窮屈でつらいんだろうね。私は劣等生なので無欲にはなれませんし、それなりに社会でうまく立ち回れているので。(笑)
今までの人生で何一つ大事なものや、守りたいものがなかったから、相手にされなかったから、すべてを切り捨てられるんだろうな。余計なお世話だけどちょっと不憫に思う。


女性が始めに堕落したから聖書通りですねって言って盛り上がっているんでしょうが、仲間から外れたから裁きが降るとか脅しても、職業の選択や、住む場所とか、結婚相手とかさ、自由意思を奪われて生きるよりマシですから。神様の名前を借りて、私の言うとおりにしなければ裁かれるって脅して、人をコントロールすることを、この世の中では「カルト」というんではないでしょうか。
 
本当に神様に近づこうと 一生懸命なんだろうけどね。尊敬する人には変わりないけど、高圧的でちょっと無理でした。あれだけ距離を置きたいと言ってもうまく拒否され続けてしつこいので、いきなりバックレるしか関係を切る方法が無くて申し訳なかったですが、どれだけ議論しても平行線だしお互い無駄な時間を浪費するのはもったいないから。毎回夜中に行われる長時間もの話し合いも私にとっては、すごく貴重で楽しかったので感謝します。でも私のことや、取り巻き仲間を疑い始めるようになって、ちょっと疲れました。そうやって本当は仲間なのに自分から敵をつくってるんだと思う。誹謗中傷するつもりは全然ないのですが、ハイレベル過ぎて私はついて行けませんでした。(笑)

ただ今夜は安らかに、いい夢が見れますように ってことで。
 
Think about Calling 


フィットネスクラブに入社したけど、5日でしっくりこなくて見切りつけました。早すぎだろ。(笑)

 

あまりにも肉肉しくてお金のニオイしかしないんだもーん。

 

いったんヨガのイントラ辞めてみたけど、離れて気づいたことのが大きかった。もう、あんな引き留めてもらってたんにね。留学応援してくれた生徒さん、スイマセンデシタw

担当クラスから外れたのに、いまだに連絡くれるとか嬉しすぎじゃん?

 

体育会系という名のブラック企業ムリだし、マニュアルでヨガ教えることに何の魅力も感じません。根っからの文化系なので。

 

んで、その後これまたトントンとお仕事が決まりました。

以前、都内で一緒に働いていた信用できるヨガの先生とタッグを再び組みまーす!


付き合いが長くて、何でも相談できるし、意見を聞いて柔軟に取り入れてくれるので安心した環境で働けるのではと非常にワクワクしています。


ふと思ったけど、スポーツクラブ、フィットネスクラブ上がりの人ってお局さんばっかなんだよね。あれは何でだろうw
もし、これから後輩が出来たら絶対お局になりたくないと思った。(笑)


その子の意見を尊重してあげたいよね。ダメなことはしかっり伝えるけど。ココロも柔軟にできるようにしよう~!
 
ちなみに、私の大好きなPRINCEが音楽活動のことを、「仕事と言うな!神様から与えらえた恵み、使命(CALLING)だと思え!」そう言ってる記事を読んで感動しちゃったんだよね~。なんか自分にしかできないことって、尊いよね。
 
ペイズリーパークもミュージアムとして一般公開したっぽいから、生きてるうちに絶対行く!誰か一緒に行ってくれる人いないかな~。
あ、この年齢でPRINCE好きなのもきっと疑われたんだろうな。趣味をリサーチしてたんじゃないかって変に勘ぐられていたかも。まぁ、本当にAKBよりも三代目よりも、なによりもFUNKがスキなだけだし。って、こんなこと考えるのも時間の無駄ですね。早くTALKBOXも始めたいし、今月はSLY&STONE好きな人が経営するSOUL BARに行こうと企んでるにょん(*'ω'*)。
 

カナダ留学を控えたイマのキモチ(*'ω'*)

POP LIFE GOD BRESS U CROSS UR FINGERS 4 ME NOW!!

イスラエル人からナンパされる

おおととしの秋ごろ、初めて行ったタイでイスラエル人にナンパされた。その彼が、こぶし効かせて聖書を読む姿がAmazingすぎた。

帰国後も好奇心と探求心の熱が冷めずにいた。なぜイスラエル人だったのか今となっては本当に不思議だよ?

 

そして、心の中に引っかかった謎を追及するためいろんな資料をあさったり、ちえみそヒッピーネットワークwwでその手の話に詳しい知人に話を聞いてもらったり。

 

無我夢中で調べていたら、とあるブログにたどり着いた。今となってはすごく読者数が増えているんだけど、自分は今までなんて狭い世界で息をしていたんだろうという衝撃とともに読めば読むほど頭がスッキリしていく。ありとあらゆる分野で謎が解明されていく。

 

対してヨーガスートラの哲学は読めば読むほどあり得ないでしょ!っていうツッコミを入れたくなる謎が多い。ヨーガスートラは4部構成だけど、とくに4章目を理解できない。そうやって奇跡や超自然でまやかしていくんだと冷静に考えられるようになった。周りもヨガどっぷりな人しかいないので反対意見を聞くことはまず無い。だからそれが当たり前だと思い込む。どんどん不思議ワールドからぬけだせない。でも待って。

 

そこに真の幸せがあるんだろうか?

 

信じる対象を間違えたら地獄へとミスリードされる。今となっては気づけたことが幸い。真面目な人にかっぎって抜け出せない気もする。その点では人間の心理を巧みに操り、かなり心得ている。

 

大好きなブロガーさんとの対談。

今回の対談、冒頭から

 

『ヨガの良さがが分からない、何がそんなにいいの?』

 

って意見をストレートに言われて、うまく説明できなかった。ヨガにハマったきっかけが、思想や哲学だった。今はそこに疑問を抱いているんだから当然魅力なんか語れない。自分の感じた魅力をみんなに伝える仕事。それとは裏腹に自分のリードする言葉に自分で違和感を持つ。こんな気持ちでこの先ずっと続けられない。

 

『だけどヨガは好きだから。自分のプラクティスはせめて続けたい。』

矛盾があるね。(笑)

 

というのも、はじめはアサナが出来るようになったり、静かに呼吸の音を聞いているときは心地よいと思った。だけど、先生としてクラスを担当するようになってから、他の先生のクラスを受けてもどうやってティーチングするのかに意識が向いて、練習に集中できなかった。肩書ってほんと邪魔だなっ。同時に本来の良さを忘れてしまうほど様々なストレスがあった。

 

 

回顧録

日本の窮屈さから離れ、海外に目を向けるきっかけになったのはインドだった。もちろんヨガをしていなければインドに行くことはなかった。自分の可能性を広げてくれて、いろんな景色を見せてくれた。たくさんの出会いがあった。それがあるから今がある。ヨガをきっぱりと切ることはこれからも出来ないと思う。

 

インドで仲間や先生の温かさに触れたこと、英語で値段交渉したり、自分より若くてたくましいバックパッカー、すごく響く文章を書くコミュ障の作家、上半身しかなくて五体不満足お腹で歩いてる笑顔のインド人、お香臭くて愛想のない布屋。

失恋してから絶望してすっかり自信喪失していたけど、喜怒哀楽を素直に表現して、自由に人間らしくいることの楽しさを味わせてくれた。地球には面白い人間がたくさんいることに気づけたし、自分の可能性を応援してくれる環境に泣きながら感謝した。生きる価値なんて無いと、ダメ人間のレッテルを自ら貼っていたけど、まだまだ正常な部類の人間かもって(笑)。こんだけいろんな選択肢や生き方があるんだから大丈夫と、逆に変な自信がついた(笑)。

 

哲学の授業でキャンドルを灯しながら、死んだらどこにいくのかって語り合った。死をテーマにしていたハズなのに、生きることの尊さに気づいた。

朝5時の新鮮な空気、霧がかかった薄暗い夜明け。1日がはじまる神秘。

 

『人生ってあなたが思っているより美しいんだよ。』

 

その時は、なにもかも絶望していたけど、それこそがこの旅の答えだと悟った。なんだか青春って言葉がぴったりだったね。

 

帰国して日本でオーディション受けまくって、受かったけど交通費でなくて遠すぎたり、スケジュール調整できなかったり、お局様にあからさまにいじめられたり、トレーニング費用ぼったくりだろって、ヨガの流派作りすぎだし、もう待遇が悪すぎて不安になった。OLのが土日休みでボーナスもらえて全然楽じゃんって思った。全然思っていたようにいかなかった。でも、それでもあきらめなかった自分に出会えたし、自分を選んでくれる生徒さんに出会えた。

 

都内のスタジオを辞めたときは、不完全燃焼で逃げた。実力のなさに悔しさが残ったし未練があった。だけど今回は、もうこんなに注いできてやり切ったという想い。いろんなお仕事のお誘いももらったけど、さすがにもう騙されないよ?人間不信です(笑)

 

 

ヨガのイントラ辞めて、今までと違う分野に飛び込もうとしているので、けっこう決断するまでに勇気も必要だった。だけど1年前も同じこと考えていた。停滞しているなと。ずっと人を癒す仕事をしてきたわだけど、1番を選ぶのと引き換えにやりたくない仕事をする辛さ。休みがなかったために自分の好きなダンスや音楽が遠のいていた。そして4月、プリンスが居なくなってから終わりを意識した。今死んだら後悔する。

 

これでいいのかなって葛藤したけど、予定より早くやりたかったことが実現できるように神様が時をプレゼントしてくれたんだなって私は受け取ったわけ。去年の今頃、カナダのダンスイベント行きたいな、でもどうせ仕事だろうなってあきらめてた。だけど急に解放されて行ける奇跡。

 

『留学だって、誰でも行けるわけじゃないんでしょ?』

 

古いものを断ち切って、1度頭をまっさらにしてリッセトしたらいい。そう言ってくれてホッとした。みんなに引き留められたのを、私は悪魔の誘惑にしか思えなかった。だけど引き留められたんだったら、留学は御心じゃないのでは?って、怒られるかと緊張してたけど(笑)。

 

この世の闇

誰かの安全を真剣に祈ること、自分には一体何ができるんだろうって悟り、世界の平安を祈り、正しくないことを正しいと教育する闇に目覚めて打ち勝ち、真の正しさや善行を求め、不正と悪を見破る知恵を。若いうちに挑戦しときましょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【追悼】Princeを聴きふける夜に

JAPAN POP LIFE BOOK/MUSIC/MOVIE GOD BRESS U

f:id:ishikawachiemi0225:20160513131321j:plain

 

なんか、偶然とは思えない素朴な疑問

自身が手掛けた映画の中で、主人公トレイシー(プリンス)の死について歌っている『something it snow in april』という曲。このシナリオなんだか出来すぎじゃないの?って思う。本当に4月に雪が降ってしまったこの喪失感。
個人的にモッリッシーが語っていたエリザベス女王のお誕生日と同じ日に天国へ逝ってしまったっていうのが引っかかるんだよね。
あと、マイケルの時もそうで、薬の過剰摂取っていう報道も目立つ。ビーガンだったら薬の摂取も含めて自己管理きちんとしてそうだけど。発見された場所が自宅だったというのも同じだし。最終的にマイケルはThis is itであちら側の存在を暴露しようとしたらしいけど、プリンスも2017年秋に自身の回顧録を出版しようとしてたみたいだから。まだ死因は発表されてないし、勝手な憶測なんだけどね。ただ、ここ2週間くらいずっと曲聞いてて涙と鼻水が止まらないんだよ。

Lotusflow3r

高校生からPoppinというジャンルのダンスをやっていて、SoulやFunkをよく聴く機会があった。『Kiss』『Sexy dancer』でもよく踊ってたな。Soul barのフロアでPoppin踊ってるとDJさんがよく流してくれるんだよね。君はセクシーなダンサーだよ♡っていうDJさんからのレスポンス?(笑)
それで、初めてちゃんとCD聴いたのは『Lotusflow3r』
レンタルショップの5枚セットでお得に借りられるプランがあって、最後の1枚何にしようかと思っていたところ『蓮の花』に条件反射した。単純にYogaやっているからっていうのもあったけど、気になるアーティストだったから。(レンタルかよっていうww)
どうやら女性アーティストのコラボはあんまり評判がよくないみたいだけど、女性ボーカルもクールだし、全体的にメロディー綺麗で聴きやすい。
『The rainbow children』も賛否両論らしいけどゴスペル調で聖書の内容あって分かりやすいし聴きごたえがあるからお気に入り。たぶんコアなファンじゃないから前作と比べたりしないし、マイケルの曲でもゴスペル調の曲ばっかり聞いてるから、ただそういうのが好みなんだよね。過激なパフォーマンスは少なからず売れるためにあちら側の志向に合わせていた部分もあったと思う。エホバの証人もあちら側だけど、誠実な心を持っていないとこんなアルバム作れないよ。
彼を見てて気持ち悪くて失笑するニヤニヤもあれば、『nothing compares 2 U』『The most beautiful girl in the world』のように、あ!プリンスってこういう感性もあるんだっていうギャップにニヤニヤ。基本的にプリンス聴いてるときはニヤニヤしてる(笑)。

purple rain

足利のフラワーパークに行ったら、季節的にちょうど紫色の藤が咲いていて幻想的だったよ。
著名人はもちろん世界中のファンの方達が、文章やイラスト、ダンスや合唱したりと個々ができるそれぞれの表現でプリンスに想いを寄せていて本当に胸が熱くなる。とくにトークボックスという楽器を使った『Prince Tribute from Mr. Talkbox』、声を重ねてアカペラを披露している『L. Young pays tribute to Prince』。
彼らの動画を観たときに感動して言葉を失った。音楽の可能性に感動したというか。感情を音楽によって共有できる楽しみや世界を広げてくれたことはプリンスが残してくれたギフトだと思う。これをきっかけに私も音楽やダンスにもっと挑戦してみたいな。
そう、人生はPOPに生きなきゃね!
 

 

プリンスと世界中のファンの皆さんに、神様の祝福がありますように。
RIP Prince...

女性セラピストあるある?!いや、あっちゃ困る!!

HEALTH

これから人を癒すセラピストになりたい方へ。マッサージあるあるを勝手に考えてみたよ。

お店で働く女性セラピストは、万が一セクハラまがいの男性客が来店された場合、きちんと会社が対応してくれるか、また日頃から安全に施術できるように会社が配慮しているか確認しよう!

ストーカー被害にあって命を落とすケースも過去にありました!番号を聞かれてごはん誘われるだけならまだカワイイ話ですが、実際に勘違いしてくるお客さんもたくさんいるのが事実。
 
田舎だから大丈夫とか、テレビの中のお話しでしょと、他人ごとと思わないで!どうか自分の尊い命を神様からのプレゼントと思って大切にしてください。
利益よりもセラピストの安全や健康を考えてくれる信頼できる会社かきちんと見分けよう!
 
勤務してた店はスタッフが全員女性のみ、しかも人件費削減で1人でお店に待機することは日常でした。かの某牛丼屋もスタッフ1人の時間帯を狙った強盗が多発して会社の管理体制が厳しく問われました。
オーナーは「変な客が来たら外に助けを求めてください」とおっしゃいましたが、力で抑えられて口を塞がれてしまったらどうするんですか?外はゲームセンターがあって叫んでも声がかき消されます。パンツの色は何色?って頭弱いイタズラ電話がかかってきます。
それでも会社は自己責任ですと言って逃れようとするんです。他の店で経験を積んでいたセラピスト仲間もあるあると言ってた。あっちゃ困りますよ!!
もちろんどこもかしこも、というわけではありません。管理が行き届いているお店もたくさんあります。ただ、これも事実です。だから信頼出来るかを確認してください。
 

~スタッフの雑談編~どうやってセクハラ客の誘いを断るかシュミレーションしてみたww

 
CASE1.
「えー超カワイイね、彼氏いるの?番号教えてよ!」
うーん。まだ早いかなっ(*'▽')笑顔で←
 
CASE2.
「えー超カワイイね、彼氏いるの?番号教えてよ!」
えへへ。あたし、そんな軽くないっすよ(*'▽')笑顔で←
 
CASE3.
「えー超カワイイね、彼氏いるの?番号教えてよ!」
でも、お店からダメって言われちゃってるんで(*'▽')笑顔で←
 
せっかく獲得した指名客を逃さず、かつ手のひらで転がすなら意外といいと思うよ(笑)
 
CASE4.
「えー超カワイイね、彼氏いるの?番号教えてよ!」
あはは~でも彼氏いるから怒られちゃいます(*'▽')笑顔で←
 
実際に彼氏いないとしても彼氏いるって嘘をつくのが1番手っ取り早いんです。が、非リアはそれを発言した後の自分の惨めさに押しつぶされるので、4番は自己責任でお願いします(笑)
 
以上、かわいくお断りフレーズでした!
誰かの参考になれば嬉しいです( `ー´)ノ
 
 
 

【英語のお勉強息抜き編】カナダに行くなら絶対読むべきマンガ

ENGLISH BOOK/MUSIC/MOVIE JAPAN
この英単語、前にも出てきたハズなのに思い出せない!
ってことがありまくる。所詮その程度だよ。どうも、ちえみそだよ(´・ω・`)はふー

Lazy Lady ちえみそ推薦!英語学習で疲れたときに読む息抜き本

『バンクーバー発4コマ漫画で体感するから話せる英語フレーズ』
著者Q.
音声ダウンロードして、漫画を読みながら英語のセリフを聞いているんだけど、後半から感情移入してデイビッドのプロポーズシーンで毎回ウルウルしている(笑)
オススメポイントは著書が解説している英語習得ルールがとても説得力あって共感できること。等身大になって読者に寄り添ってくれているのが文章から伝わってくる。
4コマ漫画ではちらちらF-wordも出てくる。そんなリアルなやり取りがまた楽しい。絵のタッチも可愛らしくて、全体を通して著者のお人柄の温かさを感じられる。
ちょいと疲れた時に読むと励まされて、やる気を取り戻せるから気づくと読んじゃう。(息抜きしすぎww)
 
じつは、かなーーーり前にカナダワーホリ経験者のびたさんの記事内で著者のマンガが紹介されてるのを見たのがきっかけでファンになった。
今回なぜ本を購入したのかというと、つい最近DMM英会話でこの本が教材になっているのを知ったから。実際に教材を使ってフィリピンの先生とスカイプしたんだけど、いざ口に出すと棒読みになって撃沈(´;ω;`)。ちゃんと文脈や意味を理解したくなったし、音声ダウンロードにはキャラになりきってセリフを練習できるありがたい工夫があるから。私はもっぱらShinoになりきる(笑)
 

渡航のベストタイミングについて考察

息抜き兼情報収集としてワーキングホリデーで人気の渡航先、とくにカナダをリサーチしているときがすごい楽しい。カナダは、老舗ヨガブランド「ルル・レモン」が誕生した場所。
この間タイ旅行で使うデジカメを電気屋に買いに行った時、たまたま店員さんがカナダワーホリ経験者だった。とにかくヨガは一般庶民もみんなやってると言っていた。ちなみにその店員さんは電気屋でお金貯まったらオーストラリアに行くって言ってたよ。楽しみやね(^_^)!
 
実際カナダではヨガウェアを私服代わりに着て街をウロウロしている人が多いらしい。私もルル・レモンのヨガウェアをいくつか持ってるけど、たしかに機能性だけでなくてファッション性も高い。あ、お値段も(笑)
ルル・レモンを着てカフェに入って、コーヒー飲みながら読書する。そんな日もそう遠くはないでしょう。(どんな目標だww)
最近は経済情勢がどこの国もよろしくないようで、オーストラリアもタックスリターンの制度が改正されてしまう予感。それにより出稼ぎ目的で行く人が減るかもしれない。さらにカナダのワーホリビザも抽選式になった。それだけ日本人が多いってことなんだろう。
ヒューっと逆風が吹きはじめているので、タイミングを自分でちゃんと決めておかないと前に進みにくい状況になってきている。
 

BANKSY Does New York

JAPAN BOOK/MUSIC/MOVIE

映画BANKSY Does New Yorkを観てきた

イギリス出身の覆面グラフィティーアーティスト「BANKSY」
そもそもグラフィティーアートといって、壁や路上など他人の敷地に絵を描くことは「違法」である。いや~HIPHOPですな(笑)!!
社会風刺的な彼の作品は、世界中に問題提起をし注目を浴びている。
彼がNYをハックして自身の作品をSNSに投稿した1か月のドタバタ劇がドキュメンタリー映画になった。NYの本屋さんでは店先にバンクシーの写真集が普通に売られているほど知名度があるらしいが、残念ながら日本では一部の業界人からしか関心を集めていないらしく、私の住む田舎では上映してくれなかったので渋谷パルコまではるばる遊びに行ってきた。


渋谷には昼すぎに着いたので19:00過ぎの上映時間まで時間があった。
大きい書店をはしごして最終的に寄った書店では、1冊の本を買うのに約4時間ほど滞在していた。ネットで買おうか悩んでいた書籍を試し読みしたり、英語の参考書を見比べて飽きなそうなものはどちらか、解説が分かりやすく書いてあるのはどちらか、今後自分にとって本当にタメになるか、レベルに合っているのか、わざわざ渋谷で本を買うなんて荷物になるなとか躊躇していたら時間があっという間に経っていた。悩みに悩んだ本はまた後でご紹介しようかなと思う。


書店を後にして、いつも車での移動中に聞いている「スカイロケットカンパニー」というラジオ番組をスペイン坂で初めて観覧した。想像通り秘書が可愛い(笑)。
いつも声だけなので、こうやってCM入るんだとか、こうやって原稿読んでるんだとか実際に生で見ると臨場感あって新鮮だった。
スカロケのパーソナリティでお笑い芸人のマンボウやしろさんが「スクールオブロック」という10代向けのラジオ番組を、俳優のやましげさんとのコンビで前にやっていた。そのころから2人のファンになって学生時代は毎日聞いていたし、とくにBUMP先生が登校していた回はMDプレイヤーに録音して何回も聞いてた。実際にやましげさんの所属していた舞台公演も観に行ったことがあったな。やましげ校長が交代してから聞かなくなっちゃったけど。やしろさんも飾り気がなくてお話が面白いから、はじめスカロケで教頭の声が聞けたのは本当に嬉しかったのを思い出した。ちなみにスカロケは働く人を応援するラジオ番組で、いろんな業種のお仕事事情やお仕事あるあるを共感できて励みになるからオススメ。


肝心の映画は30代前後の男性が多く、席がガラガラだった(笑)。

一番後ろの席を指定してくつろぎながらの観覧。内容はバンクシー本人そのものでは無くて、それを取り巻くNY市民のインタビューや、作品が金儲けに使うために盗まれて逮捕者がでたとか。まぁまぁ興味深いけど、特別に惹き込まれる要素が映画には無かった。ただ、今はなき5pointzが象徴するように、NYという土地はグラフィティーアーティストとにとって特別な場所なんだなと感じた。

アートといえば「グーグルアート」

世界を旅しなくても無料で世界の美術館の作品が閲覧可能。スワイプすると拡大できるから実際に観に行くよりも至近距離で作品を堪能することができる。なんでもバーチャルになってきていているけど、ネットもリアルもどっちも良さがあるよね。
絵本の「はらぺこあおむし」でも知られるいわさきちひろさんの水彩画や、ロンドンのグラフィティーページがお気に入り。インスピレーションを得たいときにどうぞ。